FC2ブログ

KFCメンバーの日記~飯田下伊那の渓流釣り

南信州からお届けするアウトドアの話題。天竜川の源流支流を巡る渓流釣り(イワナ、アマゴ)など。とあるフィッシングクラブのメンバーが伊那谷の魅力を伝えます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

妙義山探険記 その2 ~絶景の轟岩~の巻

妙義山探険記 目次のページ


 当日は晴天の特異日ということもあって、朝からすばらしいお天気だった。

 妙義山は車で一時間の所にある。佐久を出発したときには10時30分を過ぎていた。


ツッキー「たまにはこういう時間に縛られない山行もいいねぇ」←しみじみと

僕「そうですねぇ」←頷いて

ツッキー「帰りは”荒船の湯”で一風呂浴びようか!」←笑顔

僕「でもってビールをキューっと…」←目を細める

ツッキー「もちろん締めは”ぶるーと※1”で…」←ニヤリ!

 「いいねぇ!!(笑)」←ふたりで

 内山峠を越え、うららかな陽射しのもと二人は一路妙義山を目指した。


 駐車場に着いてみると他の山では見られないような様々な人であふれ返っていた。ドライブに来た親子連れ、カップル、老夫婦。ツーリングか、あるいは峠道を走りに来たライダー。そしてハイキングの格好をした人たち。

ツッキー「上高地以上だねぇ」
僕「まあ、ここへ来る8割以上の人はこの駐車場の近辺をうろうろするだけでしょう」

 何人かの人は山へ向かって歩いていた。しかしそれなりの格好をしている人は少数で、ほとんどの人は町から来たそのままの格好で歩いるのだった。

 今回の山行目的の一つに、登山靴を履いてあげようというのがあった。二人ともせっかく本格的皮製登山靴を持っているので、シーズンが終わってしまう前にもう一度使ってあげようというのだ。
「ちょっとこの山には重装備過ぎたかな?」
と、普段の靴で山へ向かっている観光客を見て考えてしまった。

 さて気を取り直してまず”轟岩”を目指した。
 登山道は神社を通り抜けて行くのだが、まず急な角度の石段があった。いきなりの難所に息が切れる。上を向いて登っていると気がつかないが、ふり返って下を見ると絶壁を登っているような錯覚を覚えた。

 途中、降りてくる老夫婦とすれ違ったが、だんなさんの方は手すりにしがみ付いて一歩一歩、いや半歩半歩、脂汗をかきながら下りていた。

奥さん 「怖いこと無いでしょう、ほらこうやって右手は手すり、下を向いて右足左足。ほらなんでもないでしょう、ほらほら!」

だんなさん「そんなこといったっておまえ、あ~あ、来るんじゃなかった。だいたいおまえが登ろうっていうから。俺はいやだっていったのに…」

 見ていて気の毒だった。。。


 神社から道が左右に分かれており、左へ行くと”轟岩”だった。
こちらはエクストラコースらしく一般の人は少なかった。すれ違う人達からは、山の経験者らしい雰囲気が伝わってくる。

 まず靴が違う。着ている物はジャージなど様々だが、靴はトレッキングシューズ、もしくは我々と同じ登山靴であった。

 それからマナー。基本的に登り優先で、狭いところなら下り側は立ち止まって待つなど、振る舞いで経験者かどうか分かる。

 そしてとどめは、
「こんにちは~」

「あ、こんにちは~」

 山ヤ特有の、見知らぬ登山者への挨拶である(笑)。一般の観光客には挨拶しようとなんか、これっぽっちも思わないから不思議だ。

 やがて大きな岩の下にたどり着いた。岩はこの位置から高さ5mはあるだろうか。頂上は見えない。駐車場から大きな岩の上に人がいるのが見えたがどうやらこの上らしい。いったいどうやって登るのかと思ったが、岩と岩の間に巧妙に道が作られていて何とか進んで行ける。

 最後は山によくある鉄の梯子と鎖場※2だった。梯子から下の登山道までは3m程だがそこからまた絶壁になっており、その先は良く見えないが下まで40~50mくらいだろう。一般登山道からわずか数分の場所にこんな箇所あるとは…。思わず梯子をつかむ指に力が入る。しかしこの程度の難所は今まで何度も経験している。難なくクリアーして頂上にたどり着いた。

轟岩から駐車場を見下ろす


 絶景だった。駐車場が遥か下のほうに見える。そして遠くの上州の山々が霞の中に穏やかに浮かんでいる。アルプスの雄大な3000m級が目の前に見えるような景色もいいが、こんな静かな景色もいい。振り返ると妙義山の本体の一つである金洞山(読み方不明)が、太陽をその白い山肌に浴びながらこちらを見下ろしていた。

「うわあ~。ほらツッキーさん、まるで壁ですよ!」

轟岩から金洞山を見上げる


 この後、この壁という表現がいかに的確であったのかを知ることになる…。



つづく  e_04.gif


※1
ぶるーと

 佐久市にある、知る人ぞ知る日本一うまいラーメン屋。年間100回行った年もあった。

※2
鎖場
(くさりば)
 登山道があまりに危険だった場合に鎖で補助してあるところがある
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

このページのトップへ

コメント

ぶるーとに「年間100回」って、すごいですね。
どおりで・・・。
今年こそ、私もうわさのぶるーとに行ってみたいです。

  • 2006/03/29(水) 17:02:10 |
  • URL |
  • メシダ #-
  • [編集]

ぶるーとへ行ったら、メニューは“からみそ”がおすすめです。マスターにいえばいくらでも辛くしてくれます。これがまた美味い!

  • 2006/03/29(水) 19:43:56 |
  • URL |
  • はっしぃ #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tenringgit.blog53.fc2.com/tb.php/10-9e6c42e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

はっしぃ

Author:はっしぃ
性別:男性
年齢:35才
住所:長野県南部

 田舎に生まれて自然に囲まれて育ったはずが気が付くと読書とネットが好きで仕事はずっと屋内という生活に慣れてしまった私だが進んでアウトドア趣味などにのめり込み山とか川に出かけることで果たして自らの野生を取り戻せるか?!

RSS配信新着情報

━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 登山記へのリンク ■□
 ☆八ヶ岳核心部 目次
 ☆妙義山探険記 目次

━━━━━━━━━━━━━━━

最近の記事

最近のコメント

いつも楽しいコメントありがとうございます。

カテゴリー

最近のトラックバック

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

Amazon

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログランキング

一日1クリックよろしく! 更新の励みになります!

ブログランキングFC2ブログランキング 【人気blogランキング】 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 釣りブログへ
釣りの総合情報サイト「Fish/Up」
 釣りの世界
長野県ランキングサイト イッツ飯田ネット!飯田市・南信州情報ナビ

相互リンク・ランキング

参加サイト一覧 ランダムジャンプ OUTDOOR RING!!参加登録 OUTDOOR RING!!ホーム
釣りバカサーチ
ブログ検索エンジン 無料サイト登録 SEM UG

ブログペット

Powered By FC2ブログ

FC2BLOG

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。